マーケット分析

ドル円は148円台に上昇、上値は重たく下落基調が継続【2023年12月1日】

2023年12月1日

Markets Analysis

ファンダメンタル分析

  • 米経済指標は軒並み低下、経済減速の兆候を示し利下げ期待が先行
  • ユーロドルが大幅下落、EU圏のインフレ率が低下が要因か
  • OPEC+会合では自主減産に合意も市場の期待どおりにならず

ドル円テクニカル分析

ドル円相場の日足チャートを分析する。148円前半まで回復したものの、一目均衡表の転換線を上回ることはできず、下落基調が鮮明になっている。また、一目均衡表の雲を下抜けしたことも確認され、米経済指標の軒並み下落と経済減速の兆候がある。利下げ期待が株高をもたらしているが、この熱はいずれ冷めるとの見方も出ている。

ドル円は今後、下落基調を強め、大きな転換点を迎えている可能性が高い。ファンダメンタルの変化に一層注意を払う必要がある。

【ドル円/日足】

デイトレード戦略(1時間足)

ドル円相場の1時間足チャートを分析する。現在、ダブルボトムの形式が出現し、昨日ネックラインを上抜けたことでこのパターンが完成している。90移動平均線も上抜けているため、やや調整の動きが見られる。12月に下落基調が続けば、少なくとも144.79円まで下落する可能性が考えられる。

しかし、調整の動きも見られるため、短期的な売りには慎重になりたい。デイトレード方針としては戻り売りを考え、エントリーは148.55円、決済は146.85円、ストップは148.85円とする。

サポート・レジスタンスライン

今後、考慮すべきサポート・レジスタンスラインは以下のとおり。

148.65円・・90日移動平均線

148.21円・・日足一目均衡表の転換線

146.67円・・直近安値

【ドル円/1時間足】

市場センチメント

USDJPY 売り:53% 買い:47%

本日の重要経済指標

経済指標やイベント日本時間
カナダ雇用統計22:30
米ISM製造業購買担当者景気指数深夜0時
パウエルFRB議長発言翌1:00

Shu Fujiyasu Jr.(シュウ・フジヤス・ジュニア)

認定テクニカルアナリスト(CMTA)取得
国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)取得

金融機関向けテクニカル分析レポート執筆者。自身も毎日FX・CFDトレードを実践しており、現役トレーダーによる実際の取引に役立つ情報を提供。事前に知っておきたい相場の流れ、注目の通貨ペア、意識されやすい価格帯、ファンダメンタルを詳細かつ簡潔に解説。

ニュースレターを受け取ることができます

メールアドレスの登録だけでMilton Marketsのキャンペーンやボーナスなどのお得な情報を受け取ることができます。

Technology vendor

このサイトもしくはページはミルトンマーケッツによって運営されています。

ミルトンマーケッツはMilton Markets LLCのトレーディングネームです。

Milton Markets LLCはセントビンセントおよびグレナディーン諸島のFinancial Services Authorityにより登録され規制されています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。ミルトンマーケッツのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

以下の国(これらに限定されない)の国民または居住者である個人に対し、ミルトンマーケッツのサービスへのアクセスが制限される場合があります:North Korea, Afghanistan, American Samoa, Belarus Burundi, Central African Republic, Congo - Brazzaville, Cuba, Iran, Iraq, Lebanon, Liberia, Libya, Myanmar (Burma), Puerto Rico, Rwanda, Somalia, Sudan, Syria, U.S. Virgin Islands, United States, Venezuela, Yemen, Zimbabwe, Côte d'Ivoire, Mali, Guinea, Eritrea ミルトンマーケッツは、アメリカ合衆国、カナダ、EU諸国、イラン、北朝鮮、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の市民にはサービスを提供していません。

お客様は、18歳もしくは自国で定められる法定年齢である必要があります。

また口座を開設いただいた場合、お客様はミルトンマーケッツによる勧誘なく、ご自身の意思でご登録されたものとみなします。

© MILTONMARKETS, All Right Reserved.