マーケット分析

ドル円は下落、重要指標を控えてポジション調整か【2024年1月30日】

2024年1月30日

Markets Analysis

ファンダメンタル分析

  • FOMCやGDPなど各国の重要指標を控えて上昇しにくい地合い
  • ドル円は148.12円の抵抗帯を超えられず、2週間のもみ合いを形成
  • ドル円は上昇トレンドラインをブレイク、ドル安が影響

ドル円テクニカル分析

ドル円の日足チャートを分析する。ドル円はフィボナッチファンを下方向へブレイクアウトしている。ドルインデックスを分析すると、ドル安基調になっており、相対的にドル円には下落圧力が発生しやすい相場となっている。

ドル円は2週間にわたって148.12円の抵抗線にトライしたが、今後日銀が利上げ路線、世界各国が利下げ路線に向かうというファンダメンタルがある中で、積極的な上昇にはならなかった。

直近の支持線である146.77円に向かって、下落する展開が考えられる。本日は欧州の重要経済指標が予定されており、そちらの動向にも注目だ。

【ドル円/日足】

デイトレード戦略(1時間足)

ドル円の1時間足チャートを分析する。ドル円は高値切り下がりになっていることがトレンドラインで確認できる。また、重要な上昇トレンドラインを下方向へブレイクアウトしていることも分かる。ドル安基調になっており、相対的に円買いとなっている。

高値圏でレンジ相場を2週間形成しており、下方向へブレイクアウトとなれば、やや大きな動きになりそうだ。日足のフィボナッチリトレースメントの23.6%に該当する146.77円までは売り目線で臨みたい。

明日以降はFOMCが控えており、積極的に上昇する相場にはなりにくいだろう。RSIは37となっており、安定的な下落基調を示す。デイトレード方針としては、売り。147円台前半で売りエントリー、146.77円までは売り回転、上昇トレンドラインを上回った段階でストップとする。

サポート・レジスタンスライン

今後、考慮すべきサポート・レジスタンスラインは以下のとおり。

146.77円・・主要な支持線

【ドル円/1時間足】

市場センチメント

USDJPY 売り:66% 買い:34%

本日の重要経済指標

経済指標やイベント日本時間
豪小売売上高9:30
独GDP18:00
EU国内総生産19:00
米消費者信頼感指数深夜0時

Shu Fujiyasu Jr.(シュウ・フジヤス・ジュニア)

認定テクニカルアナリスト(CMTA)取得
国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)取得

金融機関向けテクニカル分析レポート執筆者。自身も毎日FX・CFDトレードを実践しており、現役トレーダーによる実際の取引に役立つ情報を提供。事前に知っておきたい相場の流れ、注目の通貨ペア、意識されやすい価格帯、ファンダメンタルを詳細かつ簡潔に解説。

FX1万円チャレンジ情報はこちら

FX1万円チャレンジ一覧

開催中のFX1万円チャレンジはこちら

ニュースレターを受け取ることができます

メールアドレスの登録だけでMilton Marketsのキャンペーンやボーナスなどのお得な情報を受け取ることができます。

Technology vendor

このサイトまたはページはミルトンマーケッツによって運営されています。

ミルトンマーケッツはMilton Markets Ltd.の商標名です。Milton Markets Ltd.はセントルシアで登録されており、登録番号は2023-00166です。

リスク警告:FXおよびCFD商品取引には、投資元本を失う非常に高いリスクが伴います。ミルトンマーケッツのリスク開示をお読みいただき、十分にご理解ください。

ミルトンマーケッツは、以下の国(これらに限定されない)にはサービスを提供しておりません。アメリカ合衆国、カナダ、欧州連合諸国、イラン、北朝鮮、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、アフガニスタン、アメリカ領サモア、ベラルーシ、ロシア、ブルンジ、中央アフリカ共和国、コンゴ(ブラザビル)、キューバ、イラク、レバノン、リベリア、リビア、ミャンマー、

プエルトリコ、ルワンダ、ソマリア、スーダン、シリア、アメリカ領ヴァージン諸島、ベネズエラ、イエメン、ジンバブエ、コートジボワール、マリ、ギニア、エリトリア。

お客様は、18歳もしくは自国で定められた法定年齢である必要があります。

また、口座を開設いただいた場合、お客様はミルトンマーケッツによる勧誘なく、ご自身の意思でご登録されたものとみなします。

© MILTONMARKETS, All Right Reserved.