FXブログ

レバレッジとは?海外FXでの活用方法

目次

chart, arrow, businessman

レバレッジの基本概念

レバレッジとは、投資家が自己資金を担保にして借入金を使用することで、自己資金だけでは得られない大きな利益を狙うことができる仕組みです。

たとえば、株やFX (Foreign Exchange)での取引で10万円の自己資金しかないときに、レバレッジをかけることで、証拠金10万円以上の取引を行うことができます。10倍のレバレッジをかけた場合は100万円分の証拠金に、100倍のレバレッジの場合は1000万円分の証拠金にて取引を行えます。これにより、レバレッジなしで10万円分の取引をするより投資家はより多くの利益を得ることができます。

しかし、レバレッジをかけることにはリスクが伴います。借入金を使用するため、損失も拡大する可能性があります。投資家は、レバレッジをかけた取引においては十分な注意を払う必要があります。また、レバレッジをかけることは、投資家にとって新しい取引方法であり、十分な知識を身につけることが重要です。

レバレッジの意味

レバレッジは、一般的に金融取引において、借入金を利用することで資金効率を高めることを指します。しかし、レバレッジの範囲は、広い意味で一定の資源を活用して、効果や成果を増幅させることにも及びます。

例えば、ビジネスにおいて、従業員を雇用することは、労働力を活用して会社の業績を向上させるためのレバレッジとなります。同様に、テクノロジーを活用することも、時間やリソースを節約し、生産性を高めるためのレバレッジとなるでしょう。

よって、レバレッジは単に借入金を利用することだけではなく、資源を効果的に活用することで、業績を向上させるための重要な戦略の一つであると言えます。

資金効率の向上

レバレッジは、投資家が自己資金を最大限に活用し、資金効率を向上させることができる方法です。この方法を使うことで、限られた資金でより大きな取引が可能となります。しかし、投資家はリスクを理解し、資金管理を適切に行う必要があります。また、レバレッジを活用することで、より多くの選択肢が生まれます。例えば、異なる市場や商品を取引することができ、ポートフォリオを多様化することができます。これにより、投資家はリスクを分散し、安定的な収益を得ることができるようになります。つまり、レバレッジを活用することで、投資家は資金効率を向上させ、利益を最大化するだけでなく、投資ポートフォリオを多様化し、リスクを分散することができます。

収益性の向上

投資家がレバレッジを使用することは、自分の資金よりも多くの資金を投入することを意味します。これにより、より大きな取引を行うことができ、投資家はより多くの利益を得ることができます。

一方で、レバレッジを使用することで、リスクも増加するため、適切なリスク管理が必要です。リスク管理とは、投資家がリスクを最小限に抑えるための戦略を立てることを指します。例えば、リスク分散戦略を採用することができます。つまり、複数の異なる投資商品に投資することで、リスクを分散させることができます。また、リスク管理の一環として、投資家は研究を行うことも重要です。市場の動向を正確に把握することで、リスクを最小限に抑えることができます。

しかし、レバレッジを使用することで、投資家はより多くの機会を得ることができ、投資家のポートフォリオを多様化することができます。ポートフォリオの多様化とは、異なる投資商品に投資することを指します。これにより、投資家は、投資商品が不調だった場合でも、他の商品によって補うことができます。

したがって、レバレッジを使用することは、適切なリスク管理が必要ですが、投資家にとって有利な側面もあります。投資家は、リスク管理戦略を立て、ポートフォリオを多様化することで、レバレッジを使用することができます。

リスクとリターンの関係

レバレッジを使うことで、リターンを増やすことができると同時に、リスクも増加することになります。このため、投資家は、リターンが増える可能性がある一方で、損失も拡大するリスクを考慮しなければなりません。適切なレバレッジを選択することが、投資家にとって非常に重要です。また、リスクとリターンのバランスを考慮することも欠かせません。特に、レバレッジを使用する場合、その適用方法によって、リターンやリスクのバランスが変化することもあるため、十分な検討が必要です。投資家は、リスクとリターンのバランスを理解し、十分な情報を収集した上で、適切なレバレッジを選択することが望ましいです。

レバレッジ規制の違い

海外FX業者と国内FX業者の大きな違いは、レバレッジに関する規制の違いです。日本では、金融庁によってレバレッジが最大25倍に制限されています。こ

れは、過度なリスクを抑制し、投資家の資産を守るための措置です。一方、海外FX業者では、レバレッジが100倍、200倍、さらには500倍といった高い水準で提供されることがあります。そのため、海外FX業者を利用することで、より大きなリターンを狙うことが可能です。

リスク管理の重要性

海外FX業者の高いレバレッジは魅力的ですが、それに伴うリスクも高まります。国内FX業者の最大25倍のレバレッジでもリスクは存在しますが、海外FX業者の場合、リスクはさらに拡大します。そのため、海外FX業者を利用する場合は、リスク管理がより重要になります。

適切なストップロスの設定やポジションサイズの調整、資金管理など、リスク管理の方法を十分に理解し、実践することが求められます。

業者選びのポイント

海外FX業者を選ぶ際は、信頼性やサービスの質も重要なポイントです。国内FX業者は金融庁の監督下にあるため、一定の信頼性があります。しかし、海外FX業者の場合、国によって規制が異なるため、慎重な選択が必要です。

信頼性の高い規制当局が監督する業者を選ぶことや、業者の評判や実績を調査することが大切です。また、サポート体制やプラットフォームの使い勝手なども、業者選びのポイントとなります。 海外FX業者と国内FX業者のレバレッジの違いは、規制の違いによるものです。

海外FX業者は高いレバレッジが魅力ですが、リスクも増加するため、適切なリスク管理が必要です。また、信頼性の高い業者を選ぶことも大切です。一方、国内FX業者は、金融庁による規制があるため、レバレッジが最大25倍に制限されており、安全性が高いと言えます。ただし、リターン面では海外FX業者に劣ることになります。

投資家のニーズに応じて選ぶ

海外FX業者と国内FX業者のどちらを選ぶかは、投資家のニーズに応じて決めることが望ましいです。高いレバレッジを活用して大きなリターンを狙いたい場合は、信頼性の高い海外FX業者を選ぶことが良いでしょう。ただし、その際にはリスク管理が重要であることを念頭に置くことが必要です。

一方、安全性を重視し、堅実な投資を行いたい場合は、国内FX業者が適しています。国内FX業者は金融庁の監督下にあるため、信頼性が高く、サポート体制も整っています。レバレッジは最大25倍に制限されていますが、初心者やリスクを抑えたい投資家には適した選択となります。

総じて、海外FX業者と国内FX業者のレバレッジの違いを理解し、自分の投資スタイルやリスク許容度に合った業者を選ぶことが重要です。また、業者選びだけでなく、リスク管理や資金管理など、投資の基本をしっかりと押さえておくことが、成功への鍵となります。

高レバレッジと低レバレッジの選び方

海外FXにおいて、レバレッジを高く設定すると、大きな利益を狙うことができます。しかし、リスクも高くなるため、注意が必要です。逆に、レバレッジを低く設定すると、リスクは抑えられますが、利益は限られてしまいます。

このため、投資家は自身のリスク許容度や投資目的に応じて、適切なレバレッジを選択することが重要です。さらに、経験やスキルに応じてレバレッジを調整することも考慮すると良いでしょう。また、投資家は、相場の変動やニュースに敏感であることが求められます。そのため、情報収集に時間をかけ、市場をよく観察することが必要です。

さらに、トレードには計画性が重要です。投資家は、自身のトレードルールを設定し、それに従ってトレードすることで、効率的な投資ができるようになります。以上のことを念頭に置いたうえで、投資家は、自身に合った投資スタイルを確立することが求められます。

レバレッジの上手な使い方

レバレッジを上手に活用するためには、以下の点を意識して取引を行うことが重要です。

  1. 自己資金に見合ったレバレッジを選択する。つまり、自己資金の何倍までレバレッジをかけることができるかを決め、その範囲内で取引することをお勧めします。

  2. これによって、大きな損失を抱えることなく、効率的に取引を行うことができます。

  3. リスク管理を徹底することも重要です。レバレッジをかけることで、リスクも高くなります。そのため、トレードプランを策定し、リスクを最小限に抑えることが必要です。ま

  4. た、損失を許容範囲内に抑えるために、ストップロス注文を設定することも有効です。

  5. トレードプランを策定し、そのプランに従って取引を行うことも重要です。

  6. トレードプランには、エントリーポイント、エグジットポイント、ポジションサイズ、リスクリワード比、トレードの期間などが含まれます。これらの要素を考慮し、トレードプランを策定することで、取引の正確性と効率性を高めることができます。

ポジションサイズの調整

レバレッジを活用する際、ポジションサイズを調整することで、リスクをコントロールすることができます。ポジションサイズを小さくすることで、損失が拡大するリスクを抑えることができます。

ストップロスの設定

ストップロスは、予め損切りを設定しておくことで、損失が一定額を超えないようにする仕組みです。レバレッジを活用する際には、ストップロスを適切に設定し、リスクを管理することが重要です。

decide, decision, choice

レバレッジ活用のメリット

初心者にも優しい

レバレッジを使うことで、初心者投資家でも少額の資金から取引を始めることができ、リスクを抑えながら収益を増やすことができます。

また、投資のハードルが下がることで、多くの人が投資を始めて経済的自由を手にする可能性が高まります。さらに、投資に関する知識や経験を積むことで、将来的にはより大きなリターンを得ることができるようになります。つまり、レバレッジは初心者投資家にとっては非常に有効な手段であり、投資を始める上で重要な選択肢の一つです。

限られた資金で大きな取引が可能

レバレッジを利用することで、自己資金だけではできない大きな取引が可能となります。これは、借り入れをして投資を行うことで、元本が少なくても大きな金額の投資が可能になることを意味します。そして、その結果、資金効率が向上し、利益を最大化することが期待できます。

また、レバレッジを使う際には、リスク管理の重要性を理解することが必要です。それでも、適切なリスク管理や投資戦略を用いることで、レバレッジを上手に活用することができます。

資金の回転率を上げる

レバレッジを活用することで、資金の回転率が向上します。つまり、少ない資金でより多くの取引ができるため、効率的に資金を運用することができます。さらに、レバレッジを利用することで、投資家は市場の動向を正確に予測する必要がありません。市場が上昇している場合には、レバレッジをかけることでより多くの利益を得ることができます。一方、市場が下落している場合には、レバレッジを利用することでより大きな損失を被ることになりますが、リスク管理によって損失を最小限に抑えることができます。

短期間で大きな利益を上げるチャンス

レバレッジを利用することで、短期間で大きな利益を上げる可能性があります。ただし、リスクも同時に増加するため、適切なリスク管理が必要です。また、レバレッジを用いた取引は、市場の動向に敏感に反応することができます。市場が急激に変動した場合には、レバレッジを利用することで大きな利益を得ることができますが、逆に大きな損失を被る可能性もあります。適切なリスク管理によって、損失を最小限に抑えることができます。

レバレッジ活用のデメリット

リスクが増加

レバレッジを利用することで、利益が増える可能性がある反面、リスクも増加します。したがって、投資家はリスク管理を徹底することが重要です。適切なリスク管理を行わない場合には、予期せぬ損失を被る可能性があります。

損失の拡大

レバレッジを用いた取引では、損失も拡大する可能性があります。そのため、投資家は損失を最小限に抑えるリスク管理手法を取り入れることが求められます。例えば、ストップロス注文を利用することで、最大損失額を設定することができます。

過剰なリスク取り

レバレッジを利用することで、過剰なリスクを取ることができます。その結果、投資家は大きな損失を被ることがあります。適切なリスク管理と資金管理が重要です。投資家は、自分自身の投資目的とリスク許容度に合わせて、最適なレバレッジ倍率を設定することが重要です。

リスク管理の重要性

レバレッジを利用する際には、リスク管理が非常に重要です。なぜなら、適切なリスク管理を行わないと、損失が拡大し、資産の安全性が損なわれることがあります。また、長期的な投資戦略の維持も困難になります。つまり、リスク管理は、あなたの投資ポートフォリオの基盤となる重要な要素です。

損失を最小限に抑える

リスク管理の目的は、損失を最小限に抑えることです。これには、ストップロスの設定やポジションサイズの調整が有効です。また、損切りのタイミングを適切に判断することも重要です。損失を最小限に抑えるためには、リスク管理の基本原則を理解し、適切なリスク管理戦略を実行する必要があります。

資産の安全性の確保

レバレッジを利用する際には、資産の安全性を確保することが重要です。これには、資金管理やリスク管理が欠かせません。また、適切な海外FX業者を選ぶことも資産の安全性に寄与します。このように、資産の安全性を確保するためには、リスク管理に関する幅広い知識と経験が必要です。

長期的な投資戦略の維持

適切なリスク管理を行うことで、長期的な投資戦略を維持することができます。リスク管理ができている投資家は、一時的な損失に動じず、長期的な利益を追求することができます。つまり、リスク管理は、あなたの投資戦略を維持するための不可欠な要素です。リスク管理を正しく実行することで、市場の変動に対してより強い耐性を発揮し、投資戦略を長期的に成功させることができます。

リスク管理の方法

リスク管理には、以下の手法があります。

マネーマネジメント

マネーマネジメントとは、資金を効率的に運用するための手法です。適切なマネーマネジメントを行うことで、リスクを管理し、資産の安全性を確保することができます。具体的には、以下のことが挙げられます。

  • 資金配分の決定

  • リスク許容度の設定

  • 損益の監視

ポートフォリオの分散

ポートフォリオの分散は、リスク管理の基本的な手法のひとつです。異なる通貨ペアや資産クラスに投資することで、リスクを分散させることができます。具体的には、以下のことが挙げられます。

  • 異なる通貨ペアへの投資

  • 異なる資産クラスへの投資

損切りの実践

損切りは、損失を最小限に抑えるための重要なリスク管理手法です。損切りのタイミングを適切に判断し、ストップロスを設定することで、損失をコントロールすることができます。具体的には、以下のことが挙げられます。

  • ストップロスの設定方法

  • 損益の監視

情報収集と分析

市場の情報を収集し、分析することは、リスク管理においても重要な要素です。情報収集を行い、適切な判断を下すことで、リスクを管理することができます。具体的には、以下のことが挙げられます。

  • 経済指標の収集と分析

  • テクニカル分析

  • ファンダメンタル分析

業者選びのポイント

海外FX業者を選ぶ際には、以下のポイントを重視して口座開設をしましょう。海外FX口座の場合、メリット、デメリットを認識した上でFX業者を選ぶことが大事です。。

信頼性と安全性

海外FX業者を選ぶ際には、信頼性と安全性が非常に重要です。業者が適切な規制に従って運営されているかどうかを確認し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

スプレッドと手数料

取引にかかるスプレッドと手数料は、投資家の利益に直接関係するため、できるだけ低いものを選びたいところです。各業者のスプレッドと手数料を比較し、自分にとって最適な業者を選ぶようにしましょう。

レバレッジの設定

海外FX業者によっては、高いレバレッジが設定されていることがあります。自分の投資スタイルに合ったレバレッジを提供している業者を選ぶことが重要です。

サポート体制

海外FX業者を選ぶ際には、サポート体制も重要なポイントです。日本語対応のサポートがあるかどうかや、サポートの対応時間などを確認しておきましょう。万が一のトラブルが発生した場合に、適切なサポートが受けられるかどうかが重要です。

利益を上げる取引戦略

以下は、レバレッジ活用によって利益を上げるための取引戦略の例です。

トレンドフォロー

トレンドフォローは、市場のトレンドに従って取引を行う戦略です。レバレッジを利用することで、トレンドに乗るチャンスを逃さず、利益を最大化することができます。

スキャルピング

スキャルピングは、短期間の価格変動を利用して取引を行う戦略です。レバレッジを活用することで、少額の価格変動でも大きな利益を得ることが可能になります。

システムトレード

システムトレードは、コンピュータプログラムによって自動的に取引を行う戦略です。レバレッジを利用することで、システムトレードによる利益を最大化することができます。

損失を回避する取引戦略

以下は、レバレッジ活用によって損失を回避するための取引戦略の例です。

リスクリワード比の最適化

リスクリワード比は、リスクとリターンのバランスを示す指標です。適切なリスクリワード比を設定することで、リスクを最小限に抑えつつ、利益を追求することができます。

ボリンジャーバンドを利用した取引

ボリンジャーバンドは、相場のボラティリティを示す指標です。ボリンジャーバンドを利用して取引を行うことで、適切なエントリーとエグジットのタイミングを見極め、損失を回避することができます。

ニュースリリース時の対策

ニュースリリース時には、市場のボラティリティが高まることがあります。そのため、レバレッジを利用している場合は、ニュースリリース時の対策を行うことが重要です。

資金管理の重要性

レバレッジを活用する

場合、資金管理が非常に重要になります。適切な資金管理を行わないと、レバレッジのリスクが大きくなり、資金を失う可能性が高まります。

資金管理の基本

資金管理の基本は、リスクを適切にコントロールすることです。自分の資金に見合った取引額を決定し、リスクを最小限に抑えることが重要です。

資金管理に役立つツール

資金管理に役立つツールとして、マネーマネジメントツールやリスク計算ツールがあります。これらのツールを利用して、資金管理を行うことができます。

資金管理の失敗例

資金管理の失敗例として、過剰なリスクを取りすぎることが挙げられます。適切なリスク管理を怠ると、資金をすぐに失ってしまう可能性があります。

取引の心構え

取引を行う際には、適切な心構えが重要です。自己分析や目標設定を行い、継続的な学習と改善に努めることが大切です。

自己分析と目標設定

自己分析を行い、自分に合った投資スタイルや目標を設定することが重要です。目標設定を行うことで、取引に対するモチベーションを維持することができます。

継続的な学習と改善

継続的な学習と改善を行うことで、取引のスキルを向上させることができます。市場の動向やトレンドを把握し、自分の取引戦略を見直すことが大切です。

精神的なストレスの対処法

取引において、精神的なストレスがかかることがあります。ストレスを適切に対処する方法を身につけることで、取引の成功につながります。

税金の概要

レバレッジを活用した取引で利益を得た場合、税金が発生することがあります。適切な税金対策を行うことが重要です。

一般的な税金の種類

一般的な税金の種類には、所得税や消費税などがあります。FX取引で得た利益は、所得税が適用されることが一般的です。

税金計算方法

税金の計算方法は、所得税法に基づいて行われます。利益や損失を確定し、適用される税率に基づいて税金を計算する必要があります。

海外FXの税金対策

海外FXで利益を得た場合も、適切な税金対策が必要です。以下に、海外FXでの税金対策のポイントをまとめます。

確定申告のポイント

海外FXで得た利益は、確定申告を行うことが必要です。確定申告の際には、取引の概要や利益・損失の金額を正確に申告することが重要です。

適切な税務アドバイスを受ける

税務に関する知識が不十分な場合、適切な税務アドバイスを受けることが望ましいです。税務の専門家に相談することで、正確な税金対策ができます。

税務コンサルタントの活用

税務コンサルタントは、税金に関する専門知識を持ったプロフェッショナルです。税務コンサルタントに相談することで、適切な税金対策が可能になります。

成功するトレーダーの共通点

成功するトレーダーには、以下のような共通点があります。

マインドセット

成功するトレーダーは、適切なマインドセットを持っています。リスクを受け入れつつ、自分の戦略に自信を持ち続けることが大切です。

知識と経験

成功するトレーダーは、市場や取引に関する知識と経験を積み重ねています。継続的な学習と経験を通じて、自分のスキルを向上させることが重要です。

取引戦略の選択

成功するトレーダーは、自分に合った取引戦略を選択しています。自分の投資スタイルやリスク許容度に基づいて、適切な戦略を選ぶことが大切です。

レバレッジ活用のポイント

レバレッジを活用する際のポイントは以下の通りです。

資金管理の徹底

資金管理は、レバレッジ活用の基本です。自分の資金に見合ったリスクを取り、適切なポジションサイズを選ぶことが大切です。

トレードプランの策定

トレードプランを策定することで、取引の目標や手法が明確になります。トレードプランに従って取引を行うことで、感情的な判断を避けることができます。

継続的なマーケット分析

市場の動向やトレンドを継続的に分析することで、適切な取引タイミングを見極めることができます。また、市場環境の変化に対応した戦略の見直しも重要です。

ステップ1: 自己分析

  • 自分の投資スタイルを見つける

  • 自己評価と目標設定

自己分析を行い、自分に合った投資スタイルや目標を設定しましょう。これにより、取引に対するモチベーションを維持することができます。

ステップ2: 知識とスキルの向上

  • FXの基本知識を身につける

  • レバレッジ活用の習熟

継続的な学習を通じて、FXの基本知識やレバレッジ活用のスキルを向上させましょう。これにより、取引の成功率が向上します。

ステップ3: 取引戦略の構築

  • トレードプランの策定

  • 有効な戦略の選択

自分に合った取引戦略を選択し、トレードプランを策定しましょう。適切な戦略を選ぶことで、利益を最大化し、リスクを最小化することができます。

ステップ4: リスク管理

  • マネーマネジメントの実践

  • 損切りと利益確定のバランス

適切なリスク管理を行いましょう。資金管理や損切り・利益確定のバランスを考慮することで、

損失を最小限に抑えることができます。

ステップ5: 取引の最適化

  • 取引成績の分析

  • 継続的な改善と学習

取引の成績を分析し、改善点を見つけ出しましょう。継続的な改善と学習を行うことで、より良い取引成績を目指すことができます。

レバレッジ活用の重要性

  • 海外FXでの成功への鍵

  • リスクとリターンのバランス

レバレッジ活用は、海外FXで成功するための重要な要素です。適切なレバレッジ活用により、リスクとリターンのバランスを取ることができます。

さらに、レバレッジ活用によって、投資家はより多くの利益を得ることができます。レバレッジを利用すると、少ない資金で大きなポジションを持つことができます。これにより、利益の可能性が高まります。

しかし、レバレッジ活用にはリスクも伴います。レバレッジを高く設定すると、損失も大きくなる可能性があるため、十分に注意する必要があります。また、レバレッジ活用には、市場の変動に敏感であることが求められます。市場が急激に変動すると、損失を出す可能性が高くなります。

以上のように、レバレッジ活用は海外FXで成功するために不可欠な要素であり、慎重に取り扱う必要があります。

アドバイス

これまでに説明した内容を踏まえて、今後の投資活動に取り組む際のアドバイスをいくつか挙げておきます。

  1. 常にリスク管理を意識する: レバレッジを活用する際は、リスク管理が非常に重要です。適切なポジションサイズやストップロスの設定を行い、損失を最小限に抑えましょう。

  2. 取引戦略を練る: 自分に合った取引戦略を練り、トレードプランを策定してください。市場分析や情報収集も忘れずに行いましょう。

  3. 自己評価と改善: 定期的に自己評価を行い、取引成績の分析や改善点の洗い出しを行ってください。また、学習を継続してスキルを向上させましょう。

  4. 海外FX業者を慎重に選ぶ: 信頼性や安全性、スプレッドや手数料、レバレッジ設定、サポート体制などを考慮して、自分に適した業者を選びましょう。

  5. 税金対策を行う: 海外FXでの利益には税金がかかります。適切な確定申告を行い、必要であれば税務コンサルタントのアドバイスを受けましょう。

以上のポイントを押さえることで、海外FXでのレバレッジ活用がより安全かつ効果的に行えるでしょう。

最後に、投資は自己責任で行うことが大前提です。十分な知識と準備を整えた上で、慎重に取引を行ってください。

最後に、継続的な学習と経験が成功への鍵となることを忘れず、自己分析や目標設定を行い、自分に合った投資スタイルを見つけていくことが重要です。これらのポイントを押さえて、海外FXでのレバレッジ活用を楽しみながら、賢い投資を目指しましょう。

financial, analytics, blur
  • レバレッジ活用の普及

  • 海外FX市場の今後の動向

今後、レバレッジ活用がさらに普及し、海外FX市場がますます活発化することが予想されます。投資家は、適切な知識とスキルを身につけ、リスク管理を徹底することで、レバレッジ活用を成功させることができるでしょう。

今回の記事では、レバレッジの基本概念や海外FXでの活用方法、メリット・デメリット、リスク管理、海外FX業者の選び方、実践例、注意点、税金対策、成功するためのコツとコンセプト、5つのステップについて説明しました。

これらの知識と情報を活かし、レバレッジを効果的に活用することで、海外FXでの成功が期待できます。ただし、レバレッジ活用にはリスクも伴いますので、常にリスク管理を意識しながら取引に臨むことが大切です。

    続けて読む

ニュースレターを受け取ることができます

メールアドレスの登録だけでMilton Marketsのキャンペーンやボーナスなどのお得な情報を受け取ることができます。

Technology vendor

このサイトもしくはページはミルトンマーケッツによって運営されています。

ミルトンマーケッツはMilton Markets LLCのトレーディングネームです。

Milton Markets LLCはセントビンセントおよびグレナディーン諸島のFinancial Services Authorityにより登録され規制されています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。ミルトンマーケッツのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

以下の国(これらに限定されない)の国民または居住者である個人に対し、ミルトンマーケッツのサービスへのアクセスが制限される場合があります:North Korea, Afghanistan, American Samoa, Belarus Burundi, Central African Republic, Congo - Brazzaville, Cuba, Iran, Iraq, Lebanon, Liberia, Libya, Myanmar (Burma), Puerto Rico, Rwanda, Somalia, Sudan, Syria, U.S. Virgin Islands, United States, Venezuela, Yemen, Zimbabwe, Côte d'Ivoire, Mali, Guinea, Eritrea ミルトンマーケッツは、アメリカ合衆国、カナダ、EU諸国、イラン、北朝鮮、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の市民にはサービスを提供していません。

お客様は、18歳もしくは自国で定められる法定年齢である必要があります。

また口座を開設いただいた場合、お客様はミルトンマーケッツによる勧誘なく、ご自身の意思でご登録されたものとみなします。

© MILTONMARKETS, All Right Reserved.