マーケット分析

ドル円はもみ合い、米感謝祭で為替市場はボラティリティ減少【2023年11月24日】

2023年11月24日

Markets Analysis

ファンダメンタル分析

  • 米感謝祭のため為替市場は薄商い、ボラティリティは減少
  • ドル円は149.50円付近でもみ合い、150円台に再び上昇するかは不透明
  • ECB議事録に再度の追加利上げの準備をする可能性、ユーロドルは上昇

ドル円テクニカル分析

ドル円相場の日足チャートを分析する。ボリンジャーバンドの-3σ線にタッチした後、ショートカバーにより149.50円付近まで回復した。

現在、一目均衡表の基準線と転換線が位置する149.50円付近で動きが鈍化している。一目均衡表の雲で反発した可能性もあるが、感謝祭で米国が休場しているため、今後の動向は不透明だ。

一目均衡表によると、市場のバランスが崩れ、上昇相場が下落相場に変わる可能性も示されている。今後の注目点は、直近の安値147.15円を下回るか、149.50円を上回って150円へと上昇するかの動きである。

【ドル円/日足】

デイトレード戦略(1時間足)

ドル円相場の1時間足チャートを分析する。昨日は直近の高値149.75円に達することができず、149.69円が高値となった。現在の焦点は149.990円の高値で、この水準を上回ると上昇トレンドが発生する可能性がある。フィボナッチリトレースメントは50%付近で意識されており、現在はその水準でもみ合いが見られる。

もし本日上昇する場合、61.8%の150.08円で反落する可能性がある。反対に、148.88円を明確に下回ると、より大きな下押しの可能性が出てくる。現在の市場は休日ムードに入りボラティリティが減少しているため、難しい状況だが、やや下目線。

デイトレード方針は戻り売り、エントリーは150.08円、決済は149.50円、ストップは150.30円を設定する。

サポート・レジスタンスライン

今後、考慮すべきレジスタンスラインは以下のとおり。

149.98円・・直近の節目となる高値

149.50円・・主要な価格帯

【ドル円/1時間足】

市場センチメント

USDJPY 売り:58% 買い:42%

本日の重要経済指標

経済指標やイベント日本時間
日本全国コアCPI8:30
ドイツ国内総生産(GDP)16:00
米サービス業購買部協会景気指数23:45

Shu Fujiyasu Jr.(シュウ・フジヤス・ジュニア)

認定テクニカルアナリスト(CMTA)取得
国際認定テクニカルアナリスト(CFTe)取得

金融機関向けテクニカル分析レポート執筆者。自身も毎日FX・CFDトレードを実践しており、現役トレーダーによる実際の取引に役立つ情報を提供。事前に知っておきたい相場の流れ、注目の通貨ペア、意識されやすい価格帯、ファンダメンタルを詳細かつ簡潔に解説。

ニュースレターを受け取ることができます

メールアドレスの登録だけでMilton Marketsのキャンペーンやボーナスなどのお得な情報を受け取ることができます。

Technology vendor

このサイトまたはページはミルトンマーケッツによって運営されています。

ミルトンマーケッツはMilton Markets Ltd.の商標名です。Milton Markets Ltd.はセントルシアで登録されており、登録番号は2023-00166です。

リスク警告:FXおよびCFD商品取引には、投資元本を失う非常に高いリスクが伴います。ミルトンマーケッツのリスク開示をお読みいただき、十分にご理解ください。

ミルトンマーケッツは、以下の国(これらに限定されない)にはサービスを提供しておりません。アメリカ合衆国、カナダ、欧州連合諸国、イラン、北朝鮮、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、アフガニスタン、アメリカ領サモア、ベラルーシ、ロシア、ブルンジ、中央アフリカ共和国、コンゴ(ブラザビル)、キューバ、イラク、レバノン、リベリア、リビア、ミャンマー、

プエルトリコ、ルワンダ、ソマリア、スーダン、シリア、アメリカ領ヴァージン諸島、ベネズエラ、イエメン、ジンバブエ、コートジボワール、マリ、ギニア、エリトリア。

お客様は、18歳もしくは自国で定められた法定年齢である必要があります。

また、口座を開設いただいた場合、お客様はミルトンマーケッツによる勧誘なく、ご自身の意思でご登録されたものとみなします。

© MILTONMARKETS, All Right Reserved.