FXブログ

1Lot(1ロット)はいくら?FXでの通貨単位とその計算方法

1Lot(1ロット)はいくら?FXでの通貨単位とその計算方法

金融豆知識ーCFDとはー

FXにおける1Lot(ロット)とは?

1Lot(ロット)とは、FXで取引可能な最小の通貨単位を指します。つまり、取引を発注する際の最小の取引数量がこの1Lotという単位で表されるのです。FX取引では、このLot数を指定して注文を出すことになります。

ブローカー別の1Lot

1Lotに相当する実際の通貨数は、FX会社ごとに異なります。例えば、ある会社では1Lot=10,000通貨、別の会社では1Lot=100,000通貨と設定されている場合があります。特に海外FX会社であれば1Lot=100,000通貨が多く、ミルトンマーケッツでも1Lot = 100,000通貨で単位設定されています。

そのため、自分が利用するFX業者の1Lotの定義を確認し、間違った発注を防ぐことが重要です。

1Lotあたりの価値 計算方法

必要証拠金との関係

1Lotの価値は、必要となる証拠金額と密接に関係しています。一般的に、以下の式が使われます。

必要証拠金 = 為替レート × 1Lot ÷ レバレッジ

この式から分かるように、Lotの大きさを変えれば必要証拠金額も変動します。つまり、1Lotあたりの価値が大きければ、同じ資金で取引可能な数量は少なくなります。

具体例

実際の価値をイメージするため、米ドル/円の具体例を見てみましょう。

  • 為替レート: 1ドル = 130円
  • レバレッジ: 100倍
  • 1Lot = 100,000通貨 (100,000ドル)

この場合、必要証拠金は以下の通りです。

必要証拠金 = 130円 × 100,000ドル ÷ 100 = 130,000円

つまり、1Lotの取引で130,000円の証拠金が必要になるということです。

適切なLot数の選び方

FXで成功を収めるためには、自身の資金力に見合ったLot数を選ぶことが不可欠です。

1. 少額からスタート

FX初心者は、最初は少額からスタートすることをおすすめします。例えば、1Lotの価値が高すぎる場合は0.1Lot、0.01Lotなど、小さなLotから始めましょう。そうすれば、万が一損失が出ても被害を最小限に抑えられます。

2. 実効レバレッジを意識する

理想的な実効レバレッジは3倍程度と言われています。つまり、保有資金の3分の1を証拠金として用意し、その範囲内でLot数を決めるのが賢明です。

例えば、保有資金が30万円の場合、理想の必要証拠金は10万円です。先ほどの例で1Lotが130,000円必要でしたので、適切なLot数は0.77Lot(10万円÷130,000円)となります。

3. 段階的にLotを増やす

トレード経験を積んでいけば、徐々にLot数を増やしていくことができます。しかし、Lotアップの際は資金管理とリスク管理を怠らず、無理のない範囲で調整することが大切です。

リスク管理の重要性

FXは一定のリスクを伴う投資活動です。そのため、適切なリスク管理を行うことが不可欠となります。

1. 損切りルールの設定

損失が一定の水準を超えた時点で強制的に決済するロスカットルールを設けることで、最悪の事態を防ぎます。ロスカット水準は保有資金の何割が適切かを検討し、設定しましょう。

2. 実効レバレッジを低く抑える

レバレッジを高く設定すればするほど、リスクは高まります。FX初心者は実効レバレッジを低く抑え、慎重に取引を行うことが賢明です。

3. 取引数量の調整

リスクヘッジの手段として、取引数量を少なくすることも有効な方法です。1Lotではなく0.1Lotなど、少ない数量から始めることで、リスクを最小限に抑えられます。