FXブログ

【初心者向け】海外FXの魅力と口座開設の流れ、初心者におすすめのブローカーを紹介

【初心者向け】海外FXの魅力と口座開設の流れ、初心者におすすめのブローカーを紹介

金融豆知識ーCFDとはー

海外FXの魅力とは?

1. ハイレバレッジで取引できる

海外FXブローカーの最大の魅力は、国内業者を大きく上回るハイレバレッジです。国内業者では最大25倍が上限ですが、海外ブローカーでは最大1,000倍以上のレバレッジを活用できます。

例えば、1万円の証拠金で1,000倍レバレッジを効かせた場合、実質1,000万円相当の取引が可能になります。このように少額資金でも大きなポジションを構築でき、潜在的な利益が飛躍的に高まるのです。

2. ゼロカットシステムで追証を防げる

多くの海外FXブローカーでは、ゼロカットシステムが採用されています。これは、ロスカットが間に合わずに残高がマイナスになった場合でも、自動的に残高をゼロに戻す仕組みです。

つまり、追加の証拠金支払い(追証)が発生せず、トレーダーの損失が預託額以内に収まります。ハイレバレッジの副作用とも言える追証リスクを排除できるため、安全性が高まるのです。

3. 魅力的なボーナスキャンペーン

海外FXブローカーでは、口座開設時やキャンペーン期間中にボーナスクレジットが付与されるケースが多々あります。このボーナスは証拠金の一部として利用可能です。

ボーナスクレジットを活用することで実質的な取引資金が増額されるだけでなく、中には自己資金ゼロでもボーナスクレジットのみで取引できるタイプも多くあるため、お試し感覚でリアルトレードすることもできます。少額資金からのスタートを後押ししてくれるのは、海外FXの大きな魅力といえるでしょう。

4. 手数料無料や低スプレッド化の動き

海外FXブローカーのなかには、取引手数料が無料のサービスを提供する業者も少なくありません。さらに、アクティブトレーダー向けの口座では、スプレッド(売り買い値の差額)を極小化する取り組みも進んでいます。

例えば、メジャー通貨ペアのスプレッドが1pip以下に抑えられていれば、コストパフォーマンスに優れた取引が実現できます。手数料とスプレッドの圧縮は、利益の最大化につながる重要な要素なのです。

5. 高機能な取引ツールを無料で利用可能

海外FXブローカーでは、世界的に普及している「MetaTrader4(MT4)」や「MetaTrader5(MT5)」といった高機能取引ツールを無料で利用できるのが一般的です。

これらのツールは、テクニカル指標の活用や自動売買(EA)の実行、スマートフォンアプリの提供など、多彩な機能を備えています。国内業者に比べ、取引の自由度が高く柔軟性に富んでいるのが特徴です。

国内FXとの違いと海外FXのデメリット

取引コストの違い

取引コストについても違いがあります。国内業者に比べ、海外FXブローカーの方が取引コストが高めに設定されている傾向にあります。

具体的には、スプレッドが広がりがちで、一部の業者では取引手数料も発生します。その分、ハイレバレッジやボーナスといった付加サービスが手厚いのが海外FXブローカーの特徴です。

税制の違い

利益に対する税制も、海外FXと国内FXでは異なります。海外FXの場合は総合課税となり、最大で55%の累進課税が適用されます。一方の国内FXは、一律20.315%の分離課税が適用されます。

所得金額が増えれば増えるほど、海外FXの方が税負担が重くなる可能性があります。節税の観点からは、国内FXに分があると言えるでしょう。

規制の違い

最後に、規制面での違いも看過できません。国内FXブローカーは日本の金融庁から認可を受けており、投資家保護の観点から一定の規制が課されています。

一方の海外FXブローカーは、各国の金融当局から認可を受けている場合もありますが、日本の金融庁からは規制されていません。そのため、トラブル発生時に日本の法的保護を受けられない可能性があります。

信頼できる海外FX業者選びのカギ

海外FXブローカーを選ぶ際は、安全性と信頼性の高い業者を選ぶことが不可欠です。悪質業者と取引を行えば、出金拒否や口座凍結などのトラブルに巻き込まれるリスクがつきまといます。ここからは、安全で信頼できる業者を見極めるためのポイントを解説します。

1. 金融ライセンスの有無とランクを確認する

まずは金融ライセンスの有無とそのランクを確認しましょう。金融ライセンスは各国の金融当局から付与されるものですが、規制の厳しさには差があります。

例えば英国のFCAライセンスやオーストラリアのASICライセンスは、極めて厳格な審査を経て発給されるため、最も信頼性が高いとされています。一方、バヌアツやセーシェルなどの島嶼国のライセンスは、規制が緩く、取得が比較的容易です。

ライセンスを複数取得している業者であれば、より安全性が高いと判断できます。ランクの高いライセンスを確認するのが賢明です。

2. 運営実績と利用者数を参考にする

次に、業者の運営実績と利用者数を参考にしましょう。長期的な運営実績があり、多くの利用者を抱えている業者であれば、一定の信頼性が備わっていると考えられます。

一方、新興の業者で利用者数が少ないケースでは、十分な注意が必要です。運営基盤が不安定で、トラブルに巻き込まれるリスクが高まる可能性があるためです。

3. 本社オフィスの実在を確認する

オフィスが実在するかどうかも、信頼性を判断する上で重要なポイントです。実在する本社オフィスがあり、一定数の従業員が在籍している業者であれば、ある程度の信用は置けるでしょう。

一方で、ペーパーカンパニーのようにオフィスのない業者は、詐欺の疑いも持たれかねません。公式サイトでオフィス所在地が記載されていれば、実在を確認する手掛かりになります。

4. 口コミやレビューを参考にする

最後に、実際の利用者の口コミやレビューを参考にすることをおすすめします。SNSやフォーラム、専門サイトなどで、業者に関する生の声を収集できます。

出金のスピード、サポートの質、取引環境の良さなど、さまざまな観点からの評価があるはずです。総合的に判断し、良好な評価が多数を占める業者を選ぶのが賢明です。

海外FXブローカーの安全性と信頼性を見極めるためには、こうした多角的な視点からの検証が欠かせません。慎重に業者を選ぶことで、トラブルのリスクを最小限に抑えられるはずです。

海外FX業者の口座開設手順

海外FXブローカーを選定できたら、次は実際の口座開設手続きに移ります。

1. 公式サイトから申請する

まずは選んだブローカーの公式サイトにアクセスし、新規口座開設の申請手続きを行います。ほとんどの場合、オンラインで一括して手続きが完了します。

申請時に求められる情報は、基本的には氏名や住所、連絡先などの個人情報に留まります。これらの情報は本人確認のためで、不備があれば口座開設が保留される可能性があります。

2. 必要書類を提出する

次に、本人確認書類と住所確認書類の提出が求められます。有効な本人確認書類としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの公的な顔写真付き証明書が一般的です。

住所確認書類は、光熱費の請求書や住民票などが該当します。業者によって認められる書類は若干異なるため、公式サイトで確認するのが賢明です。

これらの書類は、スマートフォンやタブレットで撮影した画像データをアップロードする形になります。

3. 書類審査と向坂氏悦

口座開設申請と必要書類の提出が済めば、業者側で本人確認審査が行われます。審査状況は専用ページで確認できます。

審査が完了すれば、口座開設が許可されます。最短で即日、長くても数日以内に開設が完了するケースがほとんどです。

開設が完了した時点で、マイページからログインして、各種設定の変更や入金手続きを行えるようになります。

4. 入金して取引を開始する

最後に、開設した口座に入金を行います。一般的には、クレジットカードや銀行振込、電子決済サービスなどから選べます。

反映されるタイミングは入金方法によって異なりますが、概ね当日中か翌営業日には入金が完了します。入金が済めば、いよいよ取引の開始となります。

なお、最低入金額に関しては業者ごとに設定が異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

海外FX初心者向けのおすすめ業者

海外FXブローカーには、さまざまな特徴を持った業者が存在します。自身のトレードスタイルやニーズに合わせて、最適な業者を選ぶことが重要です。ここからは、取引スタイル別におすすめの海外FXブローカーを紹介します。

1. 初心者におすすめの海外FX業者

初心者が海外FXに挑戦する際におすすめなのが、XMTrading、AXIORY、Milton Marketsといった業者です。これらの業者は、口座開設の簡便さやボーナス制度の充実度が高く、資金が少ない初心者にも優しい環境が整っています。

Milton Markets

Milton Marketsは常に口座開設ボーナスや入金キャンペーンなどのキャンペーンが豊富で、かつ、ゼロカット保証制度やスリッページ保証制度といった顧客保証制度も用意されているため、初心者でも安心して利用できるメリットがあります。

Milton Marketsの口座開設はこちら

XMTrading

XMTradingは世界190ヶ国・1,000万人以上のユーザーを抱えているといわれる、海外FX最大手の業者です。日本人のユーザーが多いのはもちろんのこと、新規登録者であれば13,000円の口座開設ボーナスも利用できます。

AXIORY

AXIORYは完全信託保全を導入するなど、安心できる資金管理体制を整えています。また、出金スピードが速く、すぐに着金するため、資金面で特に安心して取引できる業者といえるでしょう。

2. ボーナス重視の海外FX業者

ボーナスキャンペーンを重視するトレーダーにおすすめなのが、Swift Trader、XMTrading、FXGTといった海外FX業者です。これらの業者では、豪華な口座開設ボーナスや入金ボーナス、キャッシュバックなどが提供されています。

Swift Trader:20,000円の口座開設ボーナス + 最大10万円の200%入金ボーナス

FXGT:最大15,000円の口座開設ボーナス + 最大120万円の入金ボーナス

XMTrading:13,000円の口座開設ボーナス + 最大500ドルの100%入金ボーナス

3. ハイレバレッジ重視の海外FX業者

最大レバレッジの高さを重視するトレーダーにおすすめなのが、Exness、FBS、TradersTrustといった海外FX業者です。これらの業者は、最大で無制限レバレッジを提供しています。

Exnessでは標準で2,000倍レバレッジを使えるほか、一定の条件を満たせば無制限(最大21億倍)のレバレッジを効かせられます。FBSは最大3,000倍、TradersTrustは最大3,000倍のハイレバレッジを提供しています。資金効率を最大限に高められる環境が整っています。

このように、海外FXブローカーには様々な特徴を持った業者が存在します。自身のニーズや取引スタイルに合わせて、最適な業者を選ぶことが重要なのです。

    続けて読む

ニュースレターを受け取ることができます

メールアドレスの登録だけでMilton Marketsのキャンペーンやボーナスなどのお得な情報を受け取ることができます。

Technology vendor

このサイトまたはページはミルトンマーケッツによって運営されています。

ミルトンマーケッツはMilton Markets Ltd.の商標名です。Milton Markets Ltd.はセントルシアで登録されており、登録番号は2023-00166です。

リスク警告:FXおよびCFD商品取引には、投資元本を失う非常に高いリスクが伴います。ミルトンマーケッツのリスク開示をお読みいただき、十分にご理解ください。

ミルトンマーケッツは、以下の国(これらに限定されない)にはサービスを提供しておりません。アメリカ合衆国、カナダ、欧州連合諸国、イラン、北朝鮮、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、アフガニスタン、アメリカ領サモア、ベラルーシ、ロシア、ブルンジ、中央アフリカ共和国、コンゴ(ブラザビル)、キューバ、イラク、レバノン、リベリア、リビア、ミャンマー、

プエルトリコ、ルワンダ、ソマリア、スーダン、シリア、アメリカ領ヴァージン諸島、ベネズエラ、イエメン、ジンバブエ、コートジボワール、マリ、ギニア、エリトリア。

お客様は、18歳もしくは自国で定められた法定年齢である必要があります。

また、口座を開設いただいた場合、お客様はミルトンマーケッツによる勧誘なく、ご自身の意思でご登録されたものとみなします。

© MILTONMARKETS, All Right Reserved.